うつの人がやるべき3つの楽(ラク)[うつ病脱出]

ずっと気を張ってません?

福原です、

もしかして、一日ずっと
ストレスを感じてませんか?

・ずっと怒っている

・ずっと悲しんでいる

・ずっと緊張している

・ずっと罪悪感を感じている

こんな状態にあるなら、
気をラクにする方法を話していますので
ビデオを見ておいてください。

うつの人がやるべき3つの楽(ラク)[うつ病脱出]
うつの人がやるべき3つの楽(ラク)[うつ病脱出]
■無料メルマガ:『うつ病の苦しみ』から抜け出す方法 ■無料メルマガ:家で寝ながら月に13万円稼ぐ方法を教えます ↑無料プレゼントをさし...

・・・

ラクになる時間を作りましょう

私たちは、一日中集中を
続けるのはムリです。

途中途中でちゃんと休憩
入れないといけないです。

でも、ちゃんと休んでいる人は
とても少ないように思います。

むしろ、

「仕事が遅れているのに
 休んじゃだめだ!」

とさらに気合を入れている
かもしれません。

そうではなく、

・時間ごとに休む

ようにしてください。

イメージとしては、

・学校の休憩時間

です。

1時間目が終わったら10分休憩、
2時間目が終わったら10分休憩、

そういう感じです。

あなたのタイミングでいいので

・作業
・休む
・作業
・休む

の順番で1日の生活を
組み立ててみてください。

休むとは何か?

「でも、休むってどうやるんですか?」

という質問があるかもしれません。

わたしもうつ状態で会社を休んで
いるときに、

「体を休めたほうがいいな」
「リラックスしたほうがいいな」

と思うものの、具体的に何を
どうすればいいかわかりませんでした。

あなたも『休む』という方法を
知らないかもしれません。

なのでここでは、

・3つの楽(ラク)

をお伝えします。

この3つの方法であなたの
心と体を休めてあげてください。

  1. 肉体:ストレッチなど
  2. 感情:目をつむるなど
  3. 精神:楽しい会話、ビデオなど

です。

これらの分野に分けて、リラックスして
休めるものを探してみてください。

できれば、

・1つ作業をして、肉体のラク

・次の作業をして、感情のラク

・次の作業をして、精神のラク

という感じで、別のラクを
行うといいです。

これで肉体感情精神とバランスよく
休めることができます。

リラックスが集中の元

集中しないと!と思うと
緊張状態を作りがちですが、
実は逆です。

・リラックスすると集中できる

のです。

体の緊張は、脳の緊張を生み出し
思考能力を奪います。

そうではなく、体をラクにして
リラックスしてください。

1日に何度もいろんなアプローチ
リラックス状態を作ることで
高い集中状態を維持できますので
さっそく今日から休む時間を
取り入れておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました