3ヶ月でうつから抜け出す!:はじめに読む記事

うつ病

福原です、

このブログでは、うつで悩むサラリーマン向けに

3ヶ月で日常を取り戻す方法をお届けします。

 

その先に待っている、あなたの望む生活を手に入れる方法

お伝えしていきますが、まずは、日常生活を取り戻し、

安心した気持ちで毎日を生活できるようにしましょう。

 


 

もっともお伝えしたい3つの基本テクニック

 

私があなたがうつから抜け出すために伝えたい、

もっとも重要な3つの話をビデオにしてお届けします。

 

こちらからみれますので、

うつから抜け出し安心を取り戻す基本コース

に参加しておいてください。

 


 

うつから抜け出す3つのステップ

 

ステップ1:安心感を手に入れる

 
はじめは、目の前の問題に対処するために、心の安心感を手に入れます。
冷静に考えられる頭脳を使い、混乱から抜け出すのです
 

ステップ2:日常を取り戻す

 
普通の生活ができる体と心を取り戻しましょう。いままでできないと思っていたことができる喜びを感じましょう。
 

ステップ3:望む生活に向かって進み始める

 
あなたは本当はやりたいことがあったはずです。そこから外れているので混乱しています。本来進むべき道を探し望む生活へ続くレールを走り出しましょう
 
 

これを伝えているのは誰なのか?

 
その前に、そもそもこれを話している福原とは誰なのか?に興味があればこちらを見ておいてください。
[icon name=”child” class=”” unprefixed_class=””]自己紹介
 
うつサラリーマンから脱出し望む生活を送る人を対象とした、心と体の使い方とビジネス手法に関する情報を発信しています。
 
 
では、3つのステップを見ていきましょう。

 


 

1.安心感を手に入れる

 

不安から抜け出す

 
まず最初にやってほしいことは、いまある不安や恐怖から抜け出すことです。

私たちは不安などの感情を持っていると、物事を冷静に判断できません。
他の人から見たら「なぜこんな簡単なことを間違うのか?」「どうしてそんなヘンなことをするのか?」と疑問に思うようなことをしでかしてしまうのです。
あなたが心から「なんとかしたい」と良かれと思って行動していても、状況を悪化させてしまうのです。
 
なので、まずは不安をできるだけ少なくして、心を落ち着かせて、冷静に判断して、望む結果に近づける行動を取れる自分になる必要があります。
 
不安から抜け出す時に大切なのは、そもそも『私が不安に思っていることは何なのか?』を正確に知ることです。
多くの場合、頭の中で漠然とした不安があり、ひたすらに「困った」「大変だ」「あの人が悪い」「これはどうしようもない」と考えているだけになっています。
 
そうではなく、一回冷静になって「何が問題なのか?」「どういう困ったことが起きているのか」と自分で質問して答えてみてください
意外と悩むことでもないような小さなことに頭を抱えていたことに気がつくかもしれません。
 
「いや、やっぱりどうにもならないことだ!」と思う人は、問題を小さく分けてみてください
仕事、お金、人間関係、健康、時間などの分野に分けて考えると、1つ1つは小さな問題になっていきます。
 
問題を小さく分けることで、具体的に考えられます。
そこで『解決できること』『解決できないこと』に分けてください。
 
もしそれがどうやっても解決できなければ、悩んでもしょうがないです。
仕方ないな、と受け入れるしかないです。
 
解決できるのであれば、どのようになればいいのか理想の状況を空想して、そうなる方法を探しましょう。
問題が発生するのは、あなたが解決方法を知らないだけです。
もし金の稼ぎ方、健康になる方法、人から好かれる方法、それらを短い時間で行う方法が分かってしまったら、大体の問題は解決できます。
 
「できない、わからない、私には無理だ」と考える状況から抜け出して「まぁ、やり方を探してやればどうにかなるでしょ」という言葉を使い始めてください。実際なんとかなります。
 
 

リラックス

 
うつ病です、と言われたり、職場でストレスを抱えている人は、意識してリラックスの練習をしてください
 
リラックスした状態とは、体の力が抜けていて、冷静に思考できる状態です。
体も頭もチカラが抜けている、と言っていいでしょう。
 
私たちの頭は、リラックスしている時に、最高に働いてくれます。
リラックスすることで思考能力が高まり、問題を解決する方法や、望む状態に近づける道を見つけられるのです。
 
逆に、強いストレスを感じていると、目の前のことしか考えられません。
ずっと足元だけを見て歩いているようなものです。
それだとどこに行くのか自分でもわかりません。
 
リラックスすることは、下ばかり見ている今の状況から抜け出して、上を見て、あなたが望むところへと進み始める最初の一歩となります。
 
と言われても「はい、ではリラックスしてください」と言われてもできないでしょう。
私たちは日常生活の中で『リラックスをする』という行為を全然していません。
なので「リラックスしろ」と言われても、やり方がわからないのです。
 
では、具体的にどのようにすればリラックスできるのでしょうか。
 
リラックスに必要なのは、
 
・呼吸に意識を向ける
・体の力を抜く
 
です。
 
まず、あなたがいましている呼吸を観察してみてください。
息を吸っている、息を吐いている。
その時に胸が動いている。
口の中、のどのあたりを空気が移動している。
その程度で構いません。
 
そして、呼吸をしながら、体の力を抜いてみてください
 
この『体の力を抜く』という行為も普段していないので、最初は慣れないと思いますが、やっているうちにコツがつかめてきます。
 
また、私たちの体は、息を吸う時に力が抜けるようにできています。
息を吸いながら「あー、これが力が抜けていくという感覚か」と思いながら、息を吐くときにも同じように体の力を抜いてみてください。
 
息を吸いながら脱力する。
息を吐きながら脱力する。
 
これを繰り返すことでリラックスして、思考能力が取り戻されていきます。
 
また、イメージの力を使うのも効果的です。
 
自分の体がまるで『溶けたバター』になったとイメージしてみましょう。
どろどろと溶け落ちるイメージです。
 
他にも『注ぎ込まれるオリーブオイルになった』『川を流れる水になった』『いま温泉に浸かっている』『全身マッサージを受けている』などのイメージも使えると思います。
 
あなたの頭の中で作られるイメージが、あなたの心の状態を変えてくれます。
日頃から気持ちいいイメージを思い浮かべてください
 
これからは、何かを考えたり決めたりするときには、すぐにやろうとせずに、脱力してリラックスして思考能力を上げてから行うようにしてください。
そうすることで自分の感情が揺さぶられるような状況が減っていきます。
 
 
 

思考能力を取り戻す

 
うつの症状により、考えることができないときは、まずはリラックスをしてください
 
考えがうまくまとまらない原因の一つは、感情的に考えてしまうこと、です。
例えば「上司が気に食わない」とか「この仕事はイヤだ」などです。
感情で考えれば必ずネガティブな思考におちいり、効果的なアイデアが出てこなくなります。
そういうときは『紙の上で考える』を実行してください。
 
紙の上で考えるのステップは次の通りです。
 
1.紙とペンを用意する(パソコン、スマホでも可)
2.思いついたことを全部書く
3.書いたことを見る
4.「私はこういうことを考えているのか」とつぶやく
 
以上です。
 
思考を頭の中で行うのではなく、紙の上に書くことで行ってください
書くフォーマットはなんでもよいです。変にまとめたり、ロジカルに書こうとしなくてもよいです。
書く内容もなんでもよいです。暑い寒い、部屋が汚いから掃除したい、寝ぐせが直らない、というレベルから、仕事での悩み事、プロジェクトの進行に役立つアイデアまですべて書いてください。
 
書き出す時間は5分程度から始めましょう。
 
最後の「こういうことを考えているのか」は非常に大事なステップです。
私たちは他人がやっていることを見ると、おかしなところに気がつけますが、自分のやっていることには何も気がつけません。
それを放っておくといまやっていることが続いて、いまの状況も持続されます。
それをあえてあなたが自分の考えていることを観察することで「これはまずいかもしれない」「このアイデアは素晴らしい」と冷静な目で自分の良いところを伸ばし、悪いところに気がつけます。
 
何かを変えたいのであれば、自分の思考か行動を変えるしかありません
そのきっかけを誰かがくれるのを待つのではなく、自分で作っていきましょう。
その時に変わっていく方向は、あなたが進みたい方になりますので、変化を恐れないでください。
 
 

2.日常を取り戻す

 
ここまでは、ヤバイ状況から抜け出す方法をお伝えしてきましたが、ここからは『普通の暮らし』レベルまで復活する方法をお伝えします。
 
 

普通のことができる

 
普通、とはなんでしょうか。
 
  • 起きる、寝る
  • 身なりを整える
  • 体を動かす、歩く、移動する
 
といったふつーのことです。
 
これらをまずはやりましょう。
 
面倒だからといって先延ばしにすればするほど、あなたは自分のことを「こんなこともできない人間なんだ」と思い、自信をなくしていきます
 
ふつーのこと、しょうもないことこそ、意識して実行しましょう。
 
少し面倒に感じても、自分の全身を鏡で見て、頭髪、顔、洋服がまともな社会人になっているかを確認してください。
何を着ていいかわからない人は、ファッション関係の本を買って読んでみましょう。
とくに男性は洋服に気を使わない傾向にあるので、ちゃんとした服を着るだけで一気に気持ちが引き締まるのがわかると思います。
今はスーツ一着で1万円程度でも買えるので情報を探してみてください。
 
 
 
 

肉体的健康を取り戻す

 
 
  • 運動
うつ的な気持ちから抜け出したい場合は、体を動かしてください
まずは、体を揺すったり、伸ばしたり、スクワットをしましょう。
動かす予定を意識していれましょう。
例えば、朝起きて歯を磨いたあとにスクワットを行う、と計画しておいてください。
 
動けない人は、布団の上でリアルにもぞもぞ、ゴロゴロしてください。
右から左までゴロゴロと転がればよいです。
 
  • 睡眠
起きれない、眠れないという悩みを持っている人は、起きた時に、光を浴びてください。可能であれば太陽光、難しいなら強いLEDの光を浴びましょう。
光を浴びることで眠気が飛ぶとともに、夜が眠りやすくなります。
眠れない場合は、夜になんとかする前に、起きている間に光を浴びてください
 
眠るときには、可能な限り光を消してください。アイマスクを使うのも良いです。100円程度で売っています。寝ている間に取れてもかまいません。
 
眠るときには、リラックスの練習をしましょう。完全に脱力することで眠りの質を向上できます。朝起きた時に体がバキバキになっていたり悪夢を見る場合はとくに意識してリラックスを練習してください。ここでもイメージの力が使えます。温かい温泉に入っているイメージのまま眠りにつくと幸せな気持ちになれるのでオススメです。
 
  • 食事
とりあえずお酒を減らしてください。アルコールを摂取することで気分が良くなるのは一瞬です。
あとから気分が悪くしかならないのは経験上よく分かっているでしょうから、冷静に判断して減らすか飲まない方が良いです。
気分が悪すぎて何かに逃げたいのであればリラックスの練習をするか風呂に入りましょう
 
水も意識して飲んでください。起きた時に少しの水を飲むだけで立ちくらみを避けることができます。
お通じの改善も期待できます。
私たちの体はきれいな水を欲しがっています。朝のうちにまともなものを摂取してあげてください。
トイレが近くなる場合は飲む量を調整してください。無理して大量に飲む必要はありません。
 
あと、炭水化物を減らしてください。代表的なものとしては、米(ライス)、パン、麺(ラーメン、パスタ)です。
「日本人なら米を食え!」という意味のわからないことを言ってくる人も居ますが、無視してテストしてください。
自分の体が炭水化物を摂取するときと、減らした時でどのように変化するのかを観察しましょう。
「炭水化物は絶対にダメ!」ではなく「私の体に合っているかどうかを確かめてみる必要がある」と思って減らしてみてください。
 
「米を食べないと変わりのものが必要で、食費が上がる!」と思っても大丈夫です。
そもそも多くの人は食べ過ぎです。その証拠があなたのお腹や首の周りについています。
ものすごく体を動かす仕事でなければ定食の量だと多すぎます。単品で頼めば十分です。
 
可能であれば、食事の前と後で自分の感情に変化があるかを確認してください。
変に眠くなったり、落ち込んだり、怒りっぽくなる場合は、食事に原因があるかもしれません。
その一つの理由が炭水化物です。また砂糖の場合もあります。
 
これらは『糖質』と呼ばれますが、感情に変化がある場合は、糖質を避けるテストもしてみてください。
「絶対にダメ!」ではなく「確かめてみる」という気持ちが大事です。
 
あなたの体に合うもの合わないものを、面倒ですが1つずつ確認しましょう
 
 

習慣を身につける

 
  • 習慣とはなにか
ここまで話してきたことを聞いて「こんなにたくさんのことはできない」と思っていても大丈夫です
あなたの体を心を改善させることをラクに実行する方法があります。
 
それが『習慣化する』です。
習慣とは自分が意識せずに行っていることです。
たとえばトイレに行くとみんな下着を脱ぎます。「よし、下着を脱ぐぞ!」と気合を入れずとも何も考えずに脱いでいると思います。
同じようにあなたがうつから脱出できる方法を習慣化すれば、気合も根性も必要なく自動的に実行してしまいます
 
「これをやるのは大変だ」と思ったら、次のことを思い出しましょう。
 
「なんでも繰り返していればできるようになる」
 
子供の頃に掛け算の九九を覚えたと思います。なかなか覚えられなくても繰り返しているうちに頭に入りましたよね。
私たちの頭は繰り返しているうちにちゃんと覚えてくれます。
はじめは苦労した通勤路も何度もやっているうちに慣れてきます。
さらには早く到着する道を見つけたり、人混みを避ける方法を編み出したりするのです。
何度もやることでできるようになるだけでなく、レベルアップできます。
 
なので紹介するテクニックで難しいと思うものがあれば「とりあえずやればいい」と思って1回目を実行しましょう。
1回やれば2回目へのハードルがぐっと下がります。
入ったこと無いお店には入りにくいですが1回行ったことがあれば2度目は楽勝です。
 
そして「なんでも繰り返していればできるようになる」と思いながら地味に続けましょう。
最初からクオリティ高くやらなくても続けているうちにレベルアップしていきます。
 
とはいえ「ほんとにできるようになるのかな」と疑問も出るでしょう。
その時は、最初から『できている自分』を想像してください
 
朝すがすがしく起きて楽しく運動して笑っている自分、を想像してみましょう。
私たちは頭の中で想像している自分に近付こうとします。
 
できていない自分を想像して落ち込み何も行動できないでいるのと、できている自分を想像して少しづつでもそちらに近づくのとでは、できている自分を想像するほうが精神的にもラクになれます。
 
頭の中の自分の姿を確認して(これも紙に書くといいですね)、どちらの自分になっているかを観察してみてください。
もちろん、できている自分を想像する方をオススメします。
 

身につけるべき習慣

 
ここであなたにオススメする習慣があります。
これらを習慣化することで、うつ病からの脱出がしやすくなります。
 
「そんなの大変だ」ではなく「ま、やってればうまくなるでしょ」と思いながら聞いていてください。
 
 

1.清潔感

 
身なりや洋服、髪の状態を整える習慣を身に着けてみましょう。
見た目は自分の気持を安く手軽に変えてくれます
 
身につける習慣は、歯を磨く、ひげを剃る・整える(最低限のメイクをする)、髪型を整える、清潔な洋服を着る(洗濯をする)、安価な洋服をチェックして購入する、です。
 
やってない人からは面倒かもしれませんが、1つ1つの行動は大したことありません。
今週は歯だけはちゃんと磨こう。今月は毎日洋服の本を5分だけ見て、週末にお店に行ってみよう、程度で構いません。
 
急にできるようになろうとするのではなく、地味にやっているうちに変化をしていけばいいや、と思っておいてください。
 
 

2.健康

 
健康になる習慣も意識して身につけましょう。
オススメは、食事、運動、睡眠、です。
 
例えば、水を飲む習慣、炭水化物を避ける習慣(人から「なんでお米を食べないの?」と聞かれて「あーダイエットしてるんだー」で面倒な議論をスルーする習慣もオススメです)、眠る前にアイマスクを付ける習慣、時間を決めて少しでも体を動かす習慣、作業の合間にリラックスをする習慣、などです。
 
 

3.学び  

 
学ぶ、という習慣もオススメです。本を読むのが一番良いですが、あなたに合ったものを探してみてください。
音声やビデオ、スクールに通っても良いです。
 
注意してほしいのは1つの考えを何度も学ばないことです。幅広く学んでください。
いま信じていることとは違うことにも触れる、ということです。
ベジタリアン最強!と思っている人も「肉を食え」という意見に触れてください。
 
正しいことなんてありません。
あなたに合うものと合わないものがあるだけです。
合うものを探すために、広く情報を集めて、とりあえずやってみて確かめてください。
何事もテストです。試して初めて結果がわかります。
そのくらいの気持ちの柔軟性を持つためにも、いろんな人の意見に出会って「あーそういう考えもあるのか」と思うために学ぶ習慣を身に着けましょう。
 
習慣を身につけるには、タイミングと行動を結びつけるのがオススメです
トイレに入る(タイミング)とリラックスする(行動)
電車で座れたら(タイミング)スマホで本を読む(行動)
などです。
 
これを何度も繰り返しているうちに、自然と行動するようになります。
私は徹底的にやっているので、トイレで座った瞬間から完全リラックスモードになれます(そしてその方がお通じが良くなります)
お試しあれ。
 
 
 

3.望む生活に向かって進み始める

 
ここまでいろいろ話して来ましたが、そもそも何のためにやっているのか分かっているでしょうか。
あなたがうつ的な症状から抜け出して、望む生活を送るため、です。
 
間違っても、クソ上司を左遷させて職場から消すため、とか、先に昇進した同僚の足を引っ張って失敗させるため、ではないですよね。
 
あなたにはあなたの望む理想の生活があり、叶えたいと思っています
それが叶っていないので、落ち込んだり不安になったり怒ったり悲しんだりやる気を無くしたり…と、うつ病みたいな症状が出るのです。
 
「でも、私にはやりたいことなんてないんです!」と思っていても大丈夫です。
 
ここではあなたがやりたいことを見つけて、その方向に進み始めて、毎日夢に近づけている充実感を感じながら生活できる方法をお話します。
 

出来事の意味付けを外す

 
毎日が怒りと不安の連続で、ストレスがマックスで耐えられない!と思っているなら、次の言葉を覚えておいてください。
 
・反応しなくていいものに反応しているかもしれない
 
例えば、ですが、机の上にコップがあったとします
 
あなたは怒りますか?「誰だこんなところにコップを置いたやつは!」と。
多分怒らないですね。
「コップがある」とも思わないかもしれません。
 
そこにコップがあるのは「コップがある」という事実だけです。
それ以外の意味はありません。
 
意味を感じるのであれば、あなたが勝手につけているだけです。
 
もしあなたが怒っているのであれば「ここにコップはあってはいけない」というルールを決めていて、それに従っていないから怒るわけです。
が、実際にはルールなんてありません。
自分が勝手にルールを作って、正解と間違いを生み出し、間違いだと思うから感情が揺らぐのです
その時もコップはただそこにあるだけ、です。
 
同じように、クソ上司に怒っているのは「上司たるものこうあるべき」というルールを作り出し、そこから外れているから怒るのかもしれません。
その場合クソ上司は、ただそこで何かをしているだけです。コップと同じです。
 
私がオススメするのは、まずはルールを作るのを辞めましょう、です。
 
こいつはこうあるべき、と思っても、誰もあなたのルールに従ってくれません。
「アイドルは恋愛禁止!!!」と叫んでも、いまごろ彼氏とベッドの上かもしれません。相手の行動はコントロールできません。
 
変えられるのは自分の考え方と行動だけです。
 
クソ上司がいるなら、自分が仕事ができるようになってください。
文句をいうのはそこからです。であれば怒る前にリラックスして、目の前の作業を終わらせましょう。
 
本気でパワハラを受けているなら、社長にチクってください。
この人のせいで業務に支障が出ています。リリースも送れて利益も失われています、と。
リリース日と利益は社長にとって重要なので話を聞いてもらえるかも知れません。
それでもダメなら、なぜその会社にいるのか真面目に考えたほうがいいかも知れません。
 
この時に「このクソ上司!」と、ただのおじさん1人に「理想の上司像」のルールを当てはめて、自分のルールから外れているから怒っても何もいいことが起きません。
もし起きるならすでに良くなっているはずです。
 
「ここに仕事ができないおじさんがいる」とまるで机の上のコップを見るように冷静な目で見ましょう。
変なルールを作らずに「で、どうすれば自分の理想の状態になるのか」を考えましょう。
組織内で働くのであれば自分の理想だけでなく、組織全体がそうあるべき理想も頭の中に描いてください。
 
そのためにリラックスは必須です。紙の上で考えるテクニックも使いましょう。十分な睡眠と栄養、適度な運動からくる健康な体も必要になるでしょう。
日々の習慣があなたの力になってくれます。
 
あなたがやることはシンプルです。
 
・相手にこうあるべきだ、と思うのをやめる
 
です。
 
おかしなおじさんにエネルギーを奪われずにいるために大切な考え方です。
「このクソ上司!」ではなく「でかい声を上げないと誰も言うことを聞いてくれないコミュニケーション能力のないかわいそうなおじさん」と見てあげてください。
かわいそうなおじさんに高い理想を押し付けるのはそれこそかわいそうです。
 
 
そしてもうひとつ、
 
・自分と周囲のあるべき姿を想像する
 
も行ってください。
 
私たちは普段考えていることを現実化しようとします
 
理想の状態を頭に描くことで、関連することがらを見つけてきます。
 
理想を叶えてくれることだけを見ていればいいです。
そのためには他のことを考えている自分に気がつくことが大切です。
そのために「紙に書く」を実践してください。文字が「クソ上司!」ばかりになっていると「望むことを何も考えていないな」と反省するタイミングかもしれません。
 
 

充実感、楽しさを探す

 
意外に感じるかもしれませんが、あなたがいま、これをやりたい!と思っていることは、本当はそんなにやりたくないことかもしれません
 
例えば、
30歳までに結婚したい
40歳までに子供が欲しい
・高年収の外資系コンサル会社に転職したい
・都会の高級タワーマンションに住みたい
・300万円以上の外車に乗りたい
・30万円の高級ミラーレスカメラが欲しい
・セレブが集まるパーティーの常連になりたい
など。
 
一度、まじめに
・そうなったらマジでうれしいのか
・そうならなかったら本気で困るのか
を考えてみてください。
 
「…そうでもないな」と思ったら、あなたはウソの夢を植え付けられている可能性があります
 
私たちは周りの人からの影響を受けて成長します。
周囲の人がみんな「結婚はいいよ」「子供はいいよ」「年収は高いほうがいいよ」と言っていれば、根拠なく「そうなんだ」と思いがちです。
 
これまで何度か繰り返してきましたが、正しいことなんてなく、あなたに合うものと合わないものがあるだけです。
何が合うかは自分で確かめる必要があります。その時に他人の意見は関係ありません。
他の人が100人中100人「それは馬鹿げてる」と言ったとしても、あなたはやりたいことを実現すればいいです。
 
ただしそのためには、そもそも何がしたいのかを理解する必要があります。
その理解の邪魔をするのが、これまでに周囲から受けた夢の影響を外すことです。
 
・~~がいい
・~~はダメ
 
と思っていることの1つ1つを捕まえて「ほんとかな?」「そうなったらうれしいかな?」「意外にこれもいいんじゃないかな?」と逆の考えを持ってみてください
 
例えば、
・高級タワーマンションが良い
と思っているなら、
 
・エレベーターで登るの面倒くさくね?
・気軽にコンビニ行けないけど大丈夫?
・それだけの家賃払う価値ある?
・風景1週間で慣れるけど、住む意味ある?
・都会じゃないほうが良くね?
 
などあえて別の考えを支持してみましょう。
 
それでも「住みたい!」と思うならOKです。
「タワーマンションじゃないほうが良くね?」と思ってもOKです。
 
どちらにせよ、あなたの望みが明確になった証拠です。
 
私たちは本当にやりたいことがあれば、勝手にモチベーションが上がり、行動しはじめます
ディズニーに行きたい学生が、お金ないからしょうがないのでバイトして500円貯金して旅行に行くようなものです。
 
行きたくてしょうがないので方法を見つけて実行するのです。
 
毎日がつまらなく平凡な日々が続いているのであれば、本当にやりたいことを探すという作業を取り入れてみてください。
あなたが本当に望むものが見えた瞬間から、あなたの気持ちと行動が変わります。
 
いまは頭で理解していればよいですが、欲しいものを手に入れるための行動は、大変ではなく楽しみに変わります
望むものを見つけた瞬間からあなたの人生が充実し始めます。
 
そのためには、
・あえて自分の夢を否定してみる
・なにがしたいのか考えてみる
を習慣化してみてください。
 
 

いまできることをする

 
あなたは何のために生まれてきたのでしょうか。
 
私は『楽しむために生まれてきた』と考えています。
 
もしこの考えに賛同してくれるのであれば、あなたがいまやるべきことは『自分が楽しめること』です
 
これには2つの種類があります。
 
・いま楽しいこと
・未来に楽しくなるためにすべきこと
 
です。
 
いま楽しいことは、趣味の時間に存分に楽しみましょう
誰にも遠慮は要りません。あなたの人生だからです。
 
未来の理想があれば、そのためにいまできることをやりましょう
 
はじめはリラックス、健康、運動、でもいいです。
何をしたいのか、を考える時間を確保する、でもいいです。
 
誰でも最初から凄いことはできません。
慣れるまでにも時間がかかりますし、結果を出すにはさらに時間がかかります。
 
であるからこそ、未来の理想が叶ったところをイメージしながら、その空想を楽しみながら、楽しいことが待っている、とニヤニヤしながら必要なことをやりましょう
 
安くて長時間のバイトはつらいだけです。
しかし、そのさきにディズニーが待っている、と思えば、全体として楽しいことに変わります。
 
毎日がつらい、と思うのであれば、ほんの少しの時間で構いません。あなたにとっての楽しいことを考えてみてください。
 
他の人の意見は関係ありません。誰も理解してくれなくてもあなたが楽しければよいです。
宇宙に行きたければ「無理だ」と言われても行動しましょう。
盆栽が大好きなら「年寄りくさい」と思われても何も問題ありません。
「東京に行って役者になる?馬鹿なの?あなたに役者ができるとでも?幼稚園の出し物であなた『木』だったのよ?」と言われもだから何?です。これから役者の勉強しましょう。
 
過去と他人の意見は関係ありません。
あなたが望む未来のために生きてください。
 
もちろんあなたがだけが得することではだめです。
夢がかなったときには、あなたの周りにいるであろう人が喜んでいることもいくつか夢の中にいれてください。
 
私たちは他の人が喜ぶ顔を見て、自分も喜ぶようにできています。
心からの充実感が欲しいなら、自分だけが喜ぶ趣味を持って満足しながら、他人が喜ぶこともしてください。
 
いままでに他人を喜ばせることをしてないなら、しょーもないことでいいので何かしましょう。
 
「その服きれいですね」「この文章、勉強になります」そういう一言でも構いません。
 
自分だけが楽しむ狭い世界から抜け出して、周りの人を喜ばせる世界に出るのが、うつから抜け出す最終奥義です。
もちろんいますぐにやれ、とはいいません。
はじめはあなたが元気になってください。したいこともやりましょう。変な人がいれば離れて心の安静を手に入れましょう。
 
元気になる道を進みつつも、頭の中では周囲の人を幸せにしているあなたのイメージを持っていてください。
 
私たちはいつも考えていることを現実化しようとします。
 
あなたが周囲の人を幸せにしていて、喜ばれてうれしく、毎日が充実している、という楽しい人生を実現するために、私がお伝えすることを利用してみてください。
 
 
以上のことを行うためにも、はじめはリラックスの練習から入ってください。
 
詳しい方法は、
 
 
の中でお伝えしていますので、見ておいてください。
 

 


 

人気の動画TOP3

役立つ動画も公開しています。
私の話を聞くと「心が安らぐ」「よく眠れるようになる」と好評です。

 

自殺したい人が行うべき一つのこと。

 
 

 

他にもたくさんのビデオを公開しています。
私のyoutubeのチャンネルに登録しておいてください
新しいビデオ、生放送をお知らせします

[icon name=”youtube-play” class=”” unprefixed_class=””]youtubeチャンネルはこちらから登録できます。

 


 

自己紹介

福原とは、どんな人物なのか?

私の生い立ちを知ると、なせこのようなブログを書いているかがわかると思います。

 

いまは先生と呼ばれることもある私ですが、

昔の私は、あなたと同じかそれ以上に苦しむ、

しょうもない人間だったことが分かると思います

 

私の過去の苦しみともがき、そこから抜け出した道を見れば

あなたも「私にもできるかも」と思えるでしょう。

 

[icon name=”child” class=”” unprefixed_class=””]自己紹介

 


 

あなたにメールで日常を取り戻す方法を送ります。

 

あなたがうつから抜け出して日常を取り戻し、

リラックスした気持ちで生活できるように、

役立つ情報を無料でメールをお届けしています。

 

メールの中身は、

 

・瞬時にリラックスできるビデオ

・すぐに不安を消す方法のビデオ

・自信のない人が自信たっぷりになるテクニックのビデオ

 

です。

 

他にも、

やりたいことができる人生
友だちが消えた…
自信を取り戻す方法
不安を消すビデオ

苦しみを消す魔法の言葉
やる気なんていらない
イヤな人を消す方法
オバケがあなたの邪魔をしています
宝物が壊れています
雨のバカヤロウ
「どうせ仮病でしょ?」
敵を仲間にする方法

など、私がうつから抜け出す際に使えたテクニック、

考え方をたっぷりと詰め込みました。

無料でうつから抜け出す方法をお届けしていますので、

読んで普段の生活を取り戻してください。

 

[icon name=”newspaper-o” class=”” unprefixed_class=””]うつから抜け出すメールレクチャー(無料)を読んでみる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました