【福原通信】やりたいことだけをやる

■ウィークリービデオ

今回もビデオをお届けします。

あなたが手にするものは…

・あなたはいまこの瞬間になにを考えていましたか?

・やるべきことは考えてはいけない

・やりたいことなんてできない、の正体

・したいことだけする人生の実現方法

など、です。

【福原通信】やりたいことだけをやる

ビデオアドレス:https://youtu.be/Fi1GhngEwZY

■オススメの本

ここでは福原が最近読んだ本の中から
オススメ本を紹介していきます。

・・・

ウシジマくんvs.ホリエモン
人生はカネじゃない!
堀江 貴文

ココ最近、おはなし会の準備と
他のお勉強、移動と慣れない生活に
本を読めていません。

なので、ざっと読んだもので
申し訳ないのですが、ご紹介だけ。

私のクライアントさんにも、

・楽して金が稼ぎたい

という人がいます。

いいことですよね。

何もしないでお金が入ってくる
システムを持っているのは
生活の安定につながりますし
気持ち的にも楽です。

が、

それだけを強烈に求めて
本質的な部分が抜けている
可能性があります。

本質って何か?

・提供

です。

ビジネスは相手に何かを与えて
その対価をいただくものです。

なのに、何も与えないのに
自分はすごくラクをして
稼ごうとする人がいます。

どうかんがえてもうまくいかないのです。

でも、

「~~するだけで月収100万!」
「主婦の私にもできました!」

という(本当かどうかわからない)
情報に流されてハマる人がいます。

私もちょっとだけハマった
ことがあります。

「このシステムがあれば
利益が上がる」

という思いでいろんなものを
買ってきています。

でも、稼げません。

本質的な部分が抜けているからです。

それは、

・提供

です。

あなたから何が出ていくのか、
それを受け取った人は
どんな価値を手にするのか、で
稼ぎの額が決まってきます。

システムはただのシステムです。

電話やFAXと変わりません。

「ネットビジネスで月収100万!」

は、

「電話で月収100万!」

と本質的には同じです。

使う道具の紹介をしているだけで
その裏側のビジネスモデルは
何も言っていません。

でも、

・インターネット
・ブログ
・ツイッター
・フェイスブック
・LINE
・ステップメール
・FX
・不動産売買

という『道具の名前』だけで
稼げるかも!と妄想してしまうのです。

それは稼げる系の情報を売っている
人たちの言い方がうまいからなのですが、

騙される方にも問題があります。

自分にどんな問題があるのか、
なぜあっさり騙されるのか、は、
今回紹介した本に書かれているので
読んでみるといいです。

私は読んでいて、結構心が
苦しかったです。

過去の自分が当てはまるものが
たくさんありましたからね…

■福原の思考

最近福原が思っていることを、
健康、幸せ、豊かな生活という基準で
掘り下げてお話ししていきます。

・・・

~プロ生徒~

このメルマガを読むくらいですから
いろんなものを勉強されている
と思います。

本、音声、ビデオ、セミナー…

お金も時間もかけて
「オレはやってるぜ!」
と自信のある人もいるでしょう。

でも、あなたがやっているのは、

・プロ生徒

ではないですか?

「プロ生徒ってなんですか」

と言われても、私が勝手に作った
言葉なので検索しても出ないかも
しれません。

多くの人は生徒さんです。

偉い先生のもとに馳せ参じて、
ノートにメモをとりながら
「フムフム」と学ぶのです。

それを続けているうちに
レベルアップしていつか私も
先生のようになれる!と
想像しているのです。

なれません。

なれないのです。

生徒がレベルアップすると
プロ生徒になります。

プロ生徒、というのは、

・その教材にめっぽう詳しい
・先生に名前を覚えられてうれしい
・他の教材との差に異様に詳しい
・他の生徒にセミナーの良さを語る
・でも自分は何も行動していない

という人です。

その場では何でも知ってるぜ、と
思っていても、実際には何にも
できていない人のことです。

・セミナー難民
・セミナー解説者

と言ってもいいかもしれません。

「いや、いいけど、やったら?」

というのが私の意見です。

生徒とプロには壁があります。

 


プロ

—–

生徒


 

です。

勘違いをしている人は
勉強するとこの壁を乗り越えられる
と感じているようです。

 


プロ

—–

[勉強]


生徒


 

違います。

 


プロ

—–

プロ生徒

[勉強]


生徒


 

です。

壁を乗り越えられないのです。

では、どうすれば壁を超えて
プロの世界に入れるのか?

簡単です。

「やる」

です。

(第1回福原お話会に来た方は
聞き慣れた言葉ですよね)

やるとプロ側に移れます。

 


プロ

低レベルプロ

—–

[やる]


生徒


 

です。

やるとなるのは『低レベルプロ』ですが、
プロの領域には入れます。

あとはプロの領域に入った後に
勉強すると、プロレベルが上がります。

・生徒+勉強=プロ生徒

・生徒+やる=低レベルプロ

・低レベルプロ+勉強=プロ

です。

あなたのやるべきことは
分かってきましたか?

・やる

です。

「でも、、やるって言われても、、
ぼく、、自信が、、ないんです、、、」

大丈夫です。

やるのは、極限までハードルを
下げておいてOKです。

例えば、セミナー講師になりたい
のであれば、

・会場を借りる
・お客さんを集める
・集金する
・良いコンテンツを伝える

が1つのゴールでしょう。

でも、やらなくていいです。

これの個々のハードルを
限界まで下げましょう。

・会場は自宅
・お客さんは家族か友達
・お小遣いをあげて聞いてもらう
・勉強したことを話す

でもOKです。

これで生徒からプロの領域に入れます。

実際に「やる」を体験したからです。

もちろんレベル的にはしょぼいので
勉強してレベルアップしましょう。

実際にやるとわかりますが
ただ単に勉強だけしていた時と比べて
入ってくる情報量と質が変わります。

圧倒的に学びになり
レベルアップできるのです。

実際の経験があるからです。

なので、

・超ハードルを下げて行う

ことを意識してください。

「セミナーを開催したいんです。

でも、お客さんが来なかったら
どうしようか。

赤字になったら恥ずかしいし…」

とか考えている時間がもったいないので、

・そこらで
・そこらの人で
・そこらの知識で

やればいいです。

1回やってから勉強してください。

そこらの偉そうに知識だけを
振りまいているプロ生徒よりも
遙か上の知識が手にできます。

何もしたことがないプロ生徒の、

「なんとかメソッドの何ステップ目の
この理論は、なんとか大学教授の
なんとかなんとかさんの論文で
公開されているなんとかのデータが…」

とかどうでもいいので、

「あ、やってみたんですけど
こうなりましたよ」

とさらっと言ってのけましょう。

私は福原お話会で、自分がやったことを
元にしかお話しないと決めています。

プロ生徒じゃないからです。

理論は本に書いてあります。

そうじゃなくて、実際にやったら
こうなりましたよ、という情報が
知りたいのだと思います。

なので、

・大量の知識+実際の経験=良い結果

となったものだけをあなたに
お届けします。

誰かの情報を見ていてそれを
学んでいるといつかいいことが
起きる、という妄想はとっとと捨てて、

私のお話会に来てください。

行動力を伴った情報の凄みを
あなたに見せたいと思います。

凄み、というと怖く感じるかも
しれませんが、実際には
体の薄い男がヘラヘラ笑いながら
しゃべっているだけです。

が、その裏側にある情報の凄みには
自信があります。

期待していてください。

福原お話会:2回目:
http://wp.me/P5PWn8-9s

■編集後記

次のお話会まで時間がなくて
申し訳ありません。

その代わりに、最近私が勉強している
『本当に世界トップレベルのプロ』から
学んで体感したことを特典であなたに
お渡しします。

かなり期待してもらって大丈夫です。

もちろん、私が実際に夢を叶え
まくってきた魔法の写真の作成方法も
公開しますので、お楽しみに。

そこらの『宝地図』『ビジョンボード』と
同じレベルと思ってもらった困りますよ、
という話をしますので来たほうが良いと
思いますよ。

第2回:福原お話会:参加申し込みページ
第2回、福原お話会参加申し込みページ↑第1回お話会:大阪会場の様子(写っているのはもちろん福原です)&nbsp…

■お知らせ

相談窓口、ご利用ください

「何が私の望みなのか?」
「どうしたらできるのか?」

という悩みをひとりで抱えているなら
私を利用して解決してみてください。

・ゴールの発見
・達成方法の発見

は私が得意とするところなので
気楽に参加していただければ、と思います。

http://fukuharahiroshi.com/cs2/soudan/

アマゾンギフトキャンペーンでも参加できます。
http://fukuharahiroshi.com/amazon/

 


…この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。
http://fukuharahiroshi.com/cs2/mailmag/

コメント

タイトルとURLをコピーしました