「ある」と思えば願いが叶う[うつ病脱出]

自信をつけたい、と思うと自信がつかない

福原です、

「私は自信がないんです」

「どうしたら自信がつくんでしょうか?」

という悩みを持っている人は
かなり多いように思います。

その人たちが『根本的』に勘違い
していることがあると考えています。

その勘違いとは何か?を
ビデオで話していますので
見ておいてください。

「ある」と思えば願いが叶う[うつ病脱出]
「ある」と思えば願いが叶う[うつ病脱出]
■無料メルマガ:『うつ病の苦しみ』から抜け出す方法 ■無料メルマガ:家で寝ながら月に13万円稼ぐ方法を教えます ↑無料プレゼントをさし...

・・・

自信が『ない』ではなく『ある』

「どうしたら自信がつきますか?」

という質問は実は危険な問いかけです。

なぜかというと、前提条件が、

『私は自信がないんですけど』

になっていることです。

私たちは、普段考えていることに
近づくようになっています。

なので、

『自信がない』

と思っていると、そのとおりになります。

自信がある、と思う

では、どうすればいいか、というと、

『自信はある』

と最初から思うことです。

なんでもそうですが、不足を想像すると
本当に不足します。

「私はモテないんですが…」

「私は稼げないんですが…」

という思いの後ろに、

「どうしたらいいですか?」

と続けたところで、

「ない」

と思っているので、不足の状態が
ずっと続くことになります。

なので、最初から、

「ある」

と思っていてください。

それだけでいいです。

そうすれば「~したい」の部分で
具体的な方法を思いつき始めます。

例えば、

「自信がない」

と思ったままで、女の子をデートに
誘いたい、と思っても、

「いや、でも、自信がないから駄目だ。

 どうしたら自信が付くんだろうか」

とデートとは関係ないことを
考え始めてしまいます。

そうではなく、

「自信はある」
「できるはずだ」

と仮定した状態で、

「女の子をデートに誘いたい」

と思えば、具体的な方法
思いつき始めますよね。

できない、ムリだ、と思っている
根本的な原因は、あなたの考え方
から来ているので、まずは、

・自信はある

と思ってみてください。

思うだけで現状が変わっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました