アウトプットが苦手な人へ、アウトプットを簡単にする方法

ビジネスの始め方

福原です、

ビデオ版はこちら

アウトプットが苦手な人へ、アウトプットを簡単にする方法

アウトプットって難しくないですか?

今回は次の質問に答えていきます。

「私はアウトプットをするのが苦手で
 いつまでたっても何もできないのです」

アウトプットというのはブログを書くとか
メールを書くとかホームページを作るとか
誰かに何かを話す、伝える、セミナーをやってみるとか
そういうことですね。

では、なぜアウトプットができないのか?というと、
スキルが低いからです。

バカにしているのではないですよ。

冷静に考えるとそうですよね、ということです。

スキルがあれば簡単にできますよね。

簡単じゃないから、スキルが低いから
アウトプットができない、という
すごいシンプルな話です。

スキルが低い初心者のための入り口

ではどうしたらスキルが上がるのですか?
を一言でいうと、

「数稽古(かずげいこ)」
「アウトプットの量を増やす」

です。

たくさんお勉強する
たくさん本を読む
たくさん教材を聞く
たくさんビデオを見る

などです。

スキルアップしないのはやってないから、です。

外に出さないといつまでたっても同じレベルのままです。

実際にやってみて、うまくいかないな、
どうしたらいいのかなと、考えることで改善して
スキルアップできるのです。

実際にやってみることが大事です。
お勉強、つまりインプットだけしていると
知識は増えていくのですが、
スキルアップはできないので
いつまでたっても

「アウトプットできないな」
「ブログ書けないな」
「人前で話せないな」

で止まってしまうのです。

なので、数稽古、数を増やすことが大事です。

なので、実践の場を作ってそこで実践していくのです。

アウトプット初心者が初めにやるべきこと

では、どうすれば実践できるのか?

例えばブログを書く場所を作って1記事2記事だけでも書いてみる。

もしくは、人前で話す場を強制的に作ってそこで話す。

でもこう思うかもしれません。

「アウトプットできないから困ってんのに
 たくさんアウトプットしろってどういうことなんだよ。

 話が繋がってないぞ。
 悩みに答えてねーじゃねーか」

と。

解決方法はあります。

そもそも何をしたいのか?いうと
数稽古がしたいのではなくて、
スキルを上げたいのですよね。

スキルが上がれば数稽古に入っていける。

とはいえ、数稽古に入ることもできないぐらい
スキルが低い初心者さんがいるのは承知しています。

なので、初心者さんがどうすればいいか?というと、

・写す・コピー

です。

本を手で書き写そう

すでにできている人がやっていることを
丸ごと真似てください。

例えばブログを書きたい人。

ブログが上手な人の文章を全部書き写してください。

手で書くのです。

タイピングが出来る人も最初は
手のほうがいいかなとか思っています。

トークが上手になりたい人は
トークが上手な人が話しているのを
そのままシャドーイングしてください。

シャドーイングとは、同じようにしゃべることです。

いきなりオリジナルでやろうとしても
下手くそなことしかできないです。

そこで、上手な人を真似る。
あとからオリジナリティを入れていくのです。

写すことをやりながらスキルを徐々に上げていって
「できるな」と思っったら自分のものとして

自分のオリジナルの文章
自分のオリジナルのトーク
自分のオリジナルの絵
自分のオリジナルの音楽…

をアウトプットしていくのです。

アウトプットできない人はうまくできている人を
写すところからスタートしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました