うつ病からリアルに脱出した実績を元に話します

  1. 肉体

『運び屋』が密かに運ぶ3つのブツ

こんにちは、福原です。

今日は、天気がよかったので少し散歩をしてきました。
その途中にこの話をしたらあなたが元気になる
手助けができるかな、と思ったことがあります。

今日の話のテーマは、

「血」

です。

血:BLOOD(ブラッド)です。

もしかしたら、おどろおどろしい話になるかも
しれませんが、多分大丈夫なので、聞いてください。

で、今日の話を聞くと、なぜあなたが体が
だるくて、やる気がなくて、面倒くさくて
体が思うように動かないのかが簡単に理解
できるようになります。

オレはダメ人間で、この世の中にいる必要が
なくて、どうしようもないヤツだな、と
思っているならば、

それを逆転させて、周りの人を見返す
チャンスになります。

そして話を聞いた直後からあなたは
今までとは比べ物にならないくらい
気分が爽快になって、やる気が出てきて

周りの人が「アイツはどうしたんだ?
麻薬でもやってるのか?」と思うくらいに
活動的になることができるようになります。

ですので、必ず真面目に聞いてください。
あなたの人生の分岐点が目の前にきています。

まず、質問です。

『あなたは「血」が流れていますか?』

・・・

流れていない人はこの話を聞いていないと
思うので流れていない人はいないと思うのですが、、

では、次の質問です。

『血ってなんですか?』

・・・

なんでしょうか。
血とはなにか?

いろいろな答えがあると思います。
あなたがいま思ったことはそれはそれで
正解なのですが、

私が思う血とは何か?の答えですが、
それは、

『血=運び屋』

です。

血は色々なものを運んでいます。
彼らはただサラサラと流れているだけではないのです。

流れているのには意味があります。

彼らは流れる事でいろんなものを運んでいるのです。

運び屋は、頭の脳みそから、手の指の先、
肺や心臓、胃、腸といった内蔵のすみずみ、
そして足の先の先まで流れています。

それは、体中ありとあらゆる所まで
運ばないといけないものがあるからです。

体の中には細胞が満ち溢れています。

一説には人間の体の中には60兆個もの
細胞があるといわれています。

その細胞の一つひとつが彼ら運び屋の運んでくる
ものを待っているのです。

なぜ待っているのか、わかりますか?

答えは簡単です。

運び屋の運んでくるものが無いと
細胞は、

『死んでしまう』

からです。

血液という運び屋が運んでくるもので
細胞は生きています。

もし彼らが運ぶのをサボったり、なんらかの
理由で運べなかったら、細胞は死にます。

細胞が死んだらどうなるか知っていますか?

もし足の先まで血液がいかなかったら?

恐らく、動かすことができなくなり、
どす黒い色に変色し、皮膚はボロボロになり
みるみるうちに腐ってしまい
どろっとこぼれ落ちるように
体からはがれていくでしょう。

ひどい状態です。

なので運び屋はとても大切な仕事なのです。
彼らが働かないと体は死にます。

・・・

では、血液という運び屋は何を運んでいるかを
知っていますか?

詳しく話すと難しくなってしまいますので
簡単にしますが、

運び屋が運んでいるものは、主に3つのものです。

それは

1.水

2.酸素

3.栄養素

です。

水と、酸素と、栄養素です。

この3つのものを体の隅々まで送り届けるのが
血液という運び屋のする仕事です。

ではなぜ、この3つを運ぶ必要があるのでしょうか?

まず「水」ですが、

水が無いと細胞はカラカラに乾いてしまいます。
そしてあっけないほど簡単に死にます。

水は生きている物全てに必要な物質です。
なければ生きていけません。

ですので運び屋は必死になって水分を
届けます。

次に「酸素」です。

酸素が人間にとって重要なものであることは
理解できるかと思います。

わからない、という場合は、
30秒ほど息を止めてみてください。

体が「お願いですから息をしてください」と
あなたにお願いをしてくると思います。

細胞にとっては酸素はなければいけません。
ないとこれもまた死んでしまいます。

3つ目の「栄養素」です。

体の中の細胞は栄養素を利用して活動しています。
主な栄養素は、


脂質
アミノ酸
タンパク質

ですが、これらの栄養素を利用して
エネルギーを作り出し、脳で思考したり
食べ物を消化したり、筋肉を動かして
運動をしたりするわけです。

栄養素が不足している状態では、細胞は
思うようにエネルギーを使えないので
活動が鈍くなってしまいます。

つまり、運び屋がこれら3つのものを
きちんと運んでいるからこそ、私たちの
体は生きて活動ができているのです。

血液という運び屋がいてくれることに
感謝をしないといけませんね。

・・・

でも実は、残念なお知らせがあります。

それは、彼ら運び屋は仕事をしていない
ときがあります。

運び屋が仕事をさぼっているのです。

そして、彼らが仕事をサボっているからこそ
私たちは体がだるく、やる気がなく、
何をやるのも面倒くさくなってしまうのです。

私たちのやる気の無さは、運び屋のせいだったのです。

彼らが仕事をしないから、やる気がないのです。

彼らがもしちゃんと仕事をしていたら
こんなにも苦しまなくてもいいのです。

では、どうやったら彼らに運び屋としての
仕事をさせることができるのか?

運び屋が元気に体の中を駆け巡って
3つの大切なモノを運びまくって
体を元気にすることができるのか
という話をしていこうと思いますが、

ちょっと今日は時間がなくなってしまったので
続きはまたの機会に話していこうと思います。

あなたの体を元気にする方法です。
そのポイントになるのは血液という
『運び屋』です。

それを今日は覚えておいてください。

ここまでお読みいただいてありがとうございました。

また話を聞きにきてください。
ここであなたにお会いできるのを楽しみにしています。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。