うつ病からリアルに脱出した実績を元に話します

  1. 肉体

雨の日にハツラツとしたいです。

福原です、

次の質問に答えます。

「今年は、雨が多くて体の節々が
 痛くて体がだるくしんどいです。

 そのいう雨が多くても毎日
 元気ハツラツにするには
 どうしたらよいでしょうか?」

はい。

雨や風、気圧、温度差、、など、

天候で体調に変化が出る方も
いると思います。

私も出ます笑

ま、そんなもんだ。

ここでちょっとこちらの写真を
見てもらいましょうか。

 

雨が降ると動物はこんな感じです。

雨の中をはしゃいで動き回るのは
カエルとか、ナメクジとか一部でしょう。

ほとんどは、雨の日は、

・どよーん
・だるーん
・ぼけーっ

と過ごすのだと思います。

人間もそんなものです。

なぜそういうつらい状態になるのか、
という詳しい話はこちらでしています。

雨の日はつらくなるもの

で、ちょっと考えてほしいのですが、

なぜ、雨の日に元気でいたいのか?

です。

例えばあなたがスポーツの選手で
試合の日に雨が降っても
パフォーマンスが落ちないで欲しい、

と思うのであれば、
雨の日も元気なほうがいいでしょう。

しかし、動物の例や、一般的な人を
見ても分かるように、

・雨の日はつらくなるもの

です。

つらさの強弱はあるでしょうが、
雨の日も晴れの日と同じように
元気な人は少ないと思います。

そこをあえて不自然なほどに
雨の日も元気、を選ぶ理由が
何かを考えてほしいと思います。

何かしらはっきりとした理由があれば
元気になる方法を見つける必要が
あるのでしょう。

いつも元気でなくていい?

もし特に理由がなければ、

・いつも元気でいなければならない

という社会的な洗脳に
侵されている可能性があります。

・お金のために
・企業の利益のために
・顧客のために

という理由を付けて、

「お前はいつもフルパワーで働け。
 そうでないとクビか、査定を下げる」

と脅されているのかもしれません。

が、冷静に見ると、雨が降るとつらいです。

そっちの方が通常の人間の働きをしていると思います。

であれば、何かがおかしいのです。

何がおかしいのか。

・生活スタイル

だと私は考えています。

生活スタイルを見直そう

私個人の話ですが、
雨が降ると仕事のペースを落とします

台風レベルの気候の変化が起きると
仕事しないどころか寝てる時があります。

そういう生活スタイルを選んでいます。

そのために、

・ひとりで
・家で
・時間を自由度が高い

仕事を学んで作ってやっています。

自分の生活を自分で設計して
その通りを生きているわけです。

(もちろんすべての理想が叶った
 わけではなく道なかばです)

あなたがもし、体調で苦しむなら、

体調の方を治すアプローチも重要ですが、

・そもそも体調を崩すような
 生活スタイルを選んでいないか

・もしそうなら、そこから
 抜け出した方がいいのではないか?

も考えてみてほしいと思います。

イヤなことに耐えてませんか?

私は過去に、明らかにイヤなことを
無理やり頑張っていた過去があります。

そこを頑張って、耐えて、向上心を
持っていたら良いことが起きる、と
なんとなく思っていました。

そして気がついたらぶっ倒れていました。

しばらく苦しんだ後に、

「他の方向に進んだほうがいいな」

と思い、いまの生活に今は落ち着いています。

もし、あなたが、何かに苦しんでいて
耐えているのであれば、
そこから抜け出す、というアプローチも
あることはお伝えしておきます。

その先に、ストレスの少ない、
したいことをしている人生があるなら、

天候による体調不良もある程度は
改善するものと考えています。

私がそうだったように。

イヤから抜け出してみよう

なので、天気や悪い体調から
少し視点を外して、

・いま耐えているものは何か?

・それを耐えて意味があるのか?

ない、としたらどうやったら抜け出せるか?

を元気なときでいいので、考えてみてください。

あなたの人生が激変する可能性があります。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。