うつ病からリアルに脱出した実績を元に話します

  1. 自己紹介

福原ってどんな人?

こんにちは、福原です、

先日、読者さまから

「福原さんのプロフィールを見てうるうるしました」

というメッセージをいただきました。

ありがたい事です。

で、ふと思ったのですが、私のプロフィールについて
記事内で紹介していないような気がしています。

もし、あなたが

「このブログを書いている福原って言う人は
どんな人なんだろうか?」

と少しでも興味がありましたら
私のプロフィールを読んでみてください。

プロフィールはこちらからご覧いただけます。
https://fukuharahiroshi.com/udpblog/?p=44

さて、読んで頂くだけではあれなので
ちょっと面白い宿題を出してみようと思います。

■宿題■

■宿題1
私と、あなたの共通点を教えてください

そう、

私はプロフィール通り、いろんな経験をしてきました。

そして、ここにいつも来てくれているあなたも
本当に大変な思いをいくつもしていると思います。

そんなあなたと、私の共通点を探してみる、という
ちょっと変わった宿題にしてみようと思います。

なぜ、そんなことをするのかというと

基本的にやってみたら面白いかな、という
私自身の興味本位とエゴからくるものなのですが、

症状や不安を表に出せないで、周りに病気のことを
隠しながら生きている人に、

「私はこういう経験をしてきました。
あなたと同じですね」

と思ってもらえたら、安心してもらえるかな、と
考えたからでもあります。

あなたがしてきた経験や思いと
わたしのプロフィールに書いてあるもので
共通することがあれば、

「わたしも睡眠薬を飲みました」
「わたしも会社の人とうまくいきませんでした」
「わたしも自殺を考えました…」

という感じで教えてください。

ちょっとしたゲームの様な宿題ですが
よろしければやってみて、コメントで
教えてください。

隠れ読者さんもコメントしてみてください。

あなたと私の共通点はありましたか?
もしよかったら教えてください。

プロフィールはこちらからご覧いただけます。
https://fukuharahiroshi.com/udpblog/?p=44

あなたは一人で苦しんでいるんじゃないですよ。

・・・

今回も私の話を聞いてくださって
ありがとうございます。

今回はいつもとちょっと違った感じになりましたが
よかったら『共通点』を教えてください。

ではまたブログでお会いいたしましょう。

 

 

関連記事

コメント

  • コメント (8)

  • トラックバックは利用できません。

    • しょうこ
    • 2014年 6月 11日

    私も、眠れない、起きれない、嘔吐、罪悪感など、つらくて、恨みを晴らすため、人にわかるように死にたかったです。でも、謎の人物?福原さんがアップしている動画を見て、彼の言うことを実践していたら、身体が回復していってます。

    • Goro Inagaki
    • 2014年 11月 29日

    福原さんが運命の出会いから地獄を抜け出した点以外はほぼ同じですね…
    プロジェクトには参加出来ませんが、ビデオやブログを参考に体質改善等に取り組んでいます。

    • ぷーしま
    • 2016年 11月 04日

    こんにちは
    僕が福原さんと共通点だと思ったのは
    ・うつ病と診断されて少し嬉しかったこと。そして嬉しかったのはその瞬間だけだったこと。
    ・朝起きれず夕方頃から活動をはじめて絶望していたこと。
    ・休職したかったけれど新卒だったので休めずそのままやめる形になってしまったという点で会社(というか社会)に裏切られたこと
    ・薬を使わずにサプリメントや運動、食事で治そうとしていること。
    ・本が読めなかったこと。
    ・実際に効果があると確信したことをためすもなかなか成果が出ずにイライラしていること。
    などです。

    • 円台
    • 2016年 12月 14日

    いつも興味深い話ありがとうございます。
    僕が共通点と思った事は、
    ・病気を認められた時はうれしかった。
    ・鬱っぽいときとハイテンションの時がありました。
    ・生きるのに疲れながらも、実際は助かりたいと思っていた事。
    ・病院への不信感。
    ・いろいろな事を試した事。

    がありました。
    今まで人と会ったときにあまり共通点をサガした事がなかったので新鮮でした。
    ありがとうございます。

  1. こんにちは。
    私と福原さんの共通点は
    ・会社の人とうまくいかなかった
    ・過呼吸になっていた
    ・薬漬けにされていた
    ・死を何度も考えた

    です。

    私は死を考えている時に、最後の賭けでYouTubeなどで自殺を止める音声を探して、これでも死にたかったら死のうと思い検索しました。その時に福原さんの動画に出会いました。
    音声の内容もとてもプラス思考で共感できるところがたくさんあります。
    今まで私は自己否定をしていたのですが福原さんの音声を聞いて自分軸で生きていいんだと思えるようになりました。本当にありがとうございます。

    私は母親とものすごく喧嘩になります。昔は今よりひどかったです。母親が理解してくれなくてリストカットをしたり自分の頭を叩いたり自分に当たってストレス発散していました。逃げ場がなかったです。すると精神科に強制入院させられて薬漬けで血液検査もあったので薬を飲まないとバレます。その病院の医師は薬飲まなかったら入院ね?と脅しました。3年ほど飲んでいて副作用で手が震えるので薬を減らしてくださいと言うと『お母さんに逆らうでしょ?』と言われました。私の意見など発言する機会すらありませんでした。母親は細かくてすぐ怒るし部屋に何度も入ってきて自分の気が済むまで大声で怒ります。訪問看護をつけられて母親は感情に任せて理不尽に怒り、二時間半の説教をされ、疲れたような素振りを見せると説教が30分延長します。まるで北朝鮮です。それを聞かなかったら病院や施設に入れるぞと母親におどされてきました。自立支援かよくわかりませんがそんな感じの施設に入れられたこともあり、そこでの生活が上手くいかなければまた入院だと精神科医におどされていました。その施設内では50~60代の男性がほとんどで女性が一人いましたがその方が施設を出て女性は私ひとりになり、ニヤニヤしながら見られたりしてそれを母親に電話で言うと『あんたが悪いから仕方ない』と言われました。いろんなものに圧力をかけられてまるで生きてないみたいでした。母親は過去のことを今あったかのように精神科医に電話で言うので私は直そうとしても報われませんでした。
    他にも、時給150円の訓練所?で強制的に働かされそうになりました。精神科医が全てを決めて私には何も決める権利がありませんでした。嫌だったのですぐに職場を見つけました。
    お父さんが亡くなったので家に第三者はいないので誰も家に味方はいません。

    精神科医の重圧の苦労をこんなふうに聞いていただけるときがくるなんて夢のようです。 こんなときが来るなんて思っていませんでした。
    こんな話を聞いてくれるのも亡くなったお父さんと母方の祖母と福原さんだけです。

    私は自分をクズだと思っていたのでペンネームなども『名無し』とかそんな感じで自分を消す名前を付けていましたが、福原さんの動画を見て『イェスマン』というプラスの名前にしてみました。過去は考えず未来を見て生きていこうと思えました。本当にありがとうございます。

    • 細川かおり
    • 2017年 8月 15日

    ●死のうと思った。(実際、大量の薬を一気に飲んだ。リストカット、首吊り未遂あり)
    ●会社からの理解なし
    ●起きれない
    ●躁鬱にもなり、過食、拒食、幻覚、幻覚あり
    ●まわりに理解者なし
    まだ考えればあるかと思うが、天気悪いし頭が回らない。

    • taka
    • 2018年 1月 26日

    私は人一倍怖がりなので、自殺願望は有りませんが、
    この世から居なくなれば周りは助かるだろうなと
    思っています。パニック障害に始まり、不整脈、等々が
    で出してから常に何かしら不安で…生活も怠慢になり、
    行動的でなくなり…普段はあまり動きたくありません。
    仕事は何とか騙し騙し行けてますが、いっぱいいっぱいの状態です。
    もう20年近く安定剤、抗鬱薬は飲んでおります。
    一時に比べればかなり減りましたが、未だ止めるには
    至っておらず、気分に波があります。
    友人は殆ど居なくなりました。
    と言うかこんな状態なので作れないんです。

    福原さんのお話何時も心強く聴かせて頂いております。
    これからも心の励みとし何とかこの状態から脱却したく思っておりますのでご指導宜しくお願い致します。

    • 2018年 9月 27日

    そしてなにより、私にはめい、おいがいるのですが
    彼、彼女たちの人生の中で、身内に自ら死を選んだ
    人間がいるという負い目を持たせることが
    できませんでした。

    この気持ち、凄くわかります。
    自分にも姪と甥がいて、頭に浮かんで来ました。
    夜は眠れず、朝は起きられず、罪悪感もあって、
    でも体がダルくて動けない。

    今はヤル気が出て動けています。
    浮き沈みが激しいのでまた動けなくなる不安もあ
    りますが、福原さんの記事を詠みながら頑張って
    行こうと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。